全ての波長の光を遮る訳ではないカーフィルム

カーフィルムには、波長と呼ばれる数字が関わってきます。そしてカーフィルムには、その数字と連動している特性があるのです。
それを理解する為には、まず光には3種類ある事を知っておかなければなりません。よく言われることですが、可視光線というタイプの光があります。いわゆる人間が目視確認できるタイプの光です。
もちろん自動車を運転する時には、可視光線を確認する事自体は大切です。夜道を走らせている時に、照明の光などが見えないのは困るでしょう。もちろん日光なども、可視光線の1つに該当します。
それだけでなく、赤外線もあるのです。いわゆる車の中の温度が高まってしまうか否かは、この赤外線のボリュームに左右されます。あまり多くの赤外線が車の中に入ってしまうと、車内温度も高まってくる傾向はあるのです。
上記の可視光線と赤外線の他に、紫外線もあります。これは多くの方々にはなじみ深く、いわゆる皮膚癌などの一因になってしまう光線です。
つまり自動車に注ぐ光には、赤外線と可視光線と紫外線という3種類がある訳です。いうまでも無く、この3つの中では赤外線と紫外線は要注意です。
ところでこの3種類の光線には、必ず波長と呼ばれる数字が関わっています。紫外線と呼ばれる光線は、必ず400nm以下になっているのです。それで可視光線というのは、400以上800nmという波長になります。そして800以上の光線は、基本的には全て赤外線に該当する訳です。カーフィルムは、この波長との相関関係があります。
そもそもカーフィルムも、全ての波長の光をブロックする訳ではありません。ブロックしやすい光線もあれば、その逆もある訳です。
一般的なカーフィルムですと、1,200nm以上の波長の光線を強くブロックしてくれる傾向はあります。逆に、一定レベル以下までの光線はブロックしない性質もあるのです。
具体的には、400以上1,200nm以下という光線です。この波長に該当する光は、カーフィルムでは基本的にはブロックされません。ブロックするというより、車の中に入ってくる事になります。
逆に400以下の光は、ほとんど全てのカーフィルムによってブロックされる性質があるのです。つまりカーフィルムが透過する光は、おおむね可視光線と波長が低めな赤外線という2種類に限定される事になります。したがって波長が高めな赤外線と、400以下に該当する紫外線という2つは、カーフィルムでブロックされるという性能がある訳です。光を全て遮っている訳ではないのです。
しかし、それも安全性を考えてみれば当然です。上記でも触れた通り、そもそも可視光線は車の運転には必要不可欠なのです。全く光線が見えなくては、それこそ盲目状態で車を運転することになってしまいます。それが非常に危険である事は、間違いないでしょう。ですからカーフィルムが可視光線を透過してくれるのは、大いに良い事なのです。
逆に多くの赤外線カットのカーフィルムが車の中に入ってきてしまえば、もちろん困るでしょう。いわいる報道などでたまに伝えられる車内の熱中症などは、たいていは赤外線が原因です。太陽の光の中に含まれている赤外線が、車内温度を高めてしまう事により、そういう残念な事態になってしまう事もある訳です。
しかしカーフィルムは、それをブロックしてくれる力があります。ですから車に対してフィルムを設置しておく事は、大いに意義がある訳です。
このように「ドライバーにとって必要な波長の光は通して、不要な光はブロックしてくれる」という性能は、カーフィルムの大きな特徴と言えるでしょう。有害な光を遮ってくれる訳ですから、やはり車にはカーフィルムを設置しておく方が無難です。夏などの熱中症を防げる訳ですから、検討してみると良いでしょう。

結構な頻度で乗っているものですから、丁寧に扱っているつもりでもオイルやタイヤの劣化スピードは明らかに早く、こちらもそれなりの頻度で交換していかなければなりません。ただそれによって定期メンテナンスの癖が付き、愛車の健康に人一倍注意が向けられるというのは良い事かも知れません。ボディコーティングを施すと洗車の度合いも軽くなります。ポリマーコーティングなど、カーコーティングは種類も多数です。

PR|住宅リフォーム総合情報|カーフィルムの効果マッサージのリアル口コミ.com|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|カーコーティングの効果工務店向け集客ノウハウ|カーシャンプーについて生命保険の口コミ.COM育毛剤エステサロンデッドニングの効果海外バイナリーオプション|SEOアクセスアップ相互リンク集|貯蓄|GetMoney|JALカード|お家の見直ししま専科|バイクの洗車・メンテナンスクレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|看護師 転職|看護師求人ランキング|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です